ニキビ肌 保湿必要

ニキビ肌にも保湿はかかせません

よく脂性でオイリー肌であったりニキビ肌の人は
油分は必要ないと考えてしまったりしますが、そんなことはなく、
ニキビ肌であっても保湿は必ずしなければなりません。

 

保湿を適当にしておくと、お肌から水分が抜けていってしまい
段々と乾燥してきます。そして乾燥肌になると、お肌のバリア機能
壊されてしまい、ダメージ肌を引き起こします。

 

お肌がダメージを受けてお肌を外の刺激から守ることができなければ
様々なお肌トラブルの原因となります。

 

お肌が乾燥して水分が不足すると、逆にお肌が光って目立ってきて
ニキビもよりできやすい状態となるそうです。怖いことですね。

 

お肌のバリア機能は、スキンケアを適当にしているとある年齢を境に急激に低下します。
なめていると後で後悔するぐらい肌荒れ、老化肌、ニキビや吹き出物などを引き起こしますので、
若いうちからしっかりとスキンケアしていきましょう。

 

きっと後から「あのときお肌をケアしていてよかった!」と思うはずです。

 

保湿するためには、お肌から水分が水分から蒸発しないように
バリアを作ってあげることが大切です。
ですのでニキビ用の化粧水をお肌に浸したらそれを、乳液などでカバーして
あげるとより保湿効果が高まります。

 

今の、化粧水やローションには保湿効果もプラスして配合されていて、
それ一本だけでOKの化粧品もありますので、そちらを使うとニキビケアが楽です。

 

乾燥する季節であれば、お肌に対して特に重要視してあげることが大切です。

 

特に冬場は空気中の湿度が、30〜40%となり、乾燥しやすいので
お肌のつっぱりが出てきたときには特に注意して保湿を行ってください。

 

ニキビ肌の方は、丁寧にケアしていかなければニキビ跡が残ったりしてしまうので
気をつけてくださいね。