ニキビ できやすい部位 対策

ニキビができやすい部位と対策

20〜30代に見られる、一度できたら治りにくい
頑固なニキビは、一般的に大人ニキビと呼ばれています。

 

この大人ニキビは何度も繰り返しできやすいというのが特徴です。

 

ニキビケアをしていくためには、ニキビのできやすい部位
把握しておくほうがよいです。
ニキビのできやすい部位はいくつかありますので、それぞれの特徴を解説していきます。

 

ニキビができやすい部位の代表的な部位はTゾーンです。
Tゾーンは顔の中でもっとも皮脂分泌の多い部位です。

 

皮脂が溜まりやすいので、ニキビもできやすいです。
毛穴の開きや黒ずみができているなら、丁寧にスキンケアしてください。

 

Tゾーンは、年齢が上がるにつれてニキビのできる頻度が少なくなってくる部位では
ありますが、皮脂分泌の盛んな人はTゾーンにニキビができやすいので注意が必要です。

 

それとあごの少し上の部位がUゾーンです。
この部位には、硬い芯が入ったニキビができやすいです。

 

何度も同じところに繰り返しできるのが特徴です。
Uゾーンは、ニキビが慢性化しやすい部位です。
毛穴の黒ずみも出やすいのでチェックしてください。

 

それと頬には、メイクの影響でしっかりとクレンジングをしておかないと
ニキビができやすいです。クレンジングするときに刺激が強すぎると
お肌を痛めてしまうのでやさしく丁寧にするようにしてください。

 

髪の生え際にもニキビができる人がいますが、これはシャンプーやリンス、
洗顔石鹸が合わない、もしくは、洗い流しが足りなくて、皮膚や毛穴に
洗剤が残ってしまったことが原因でできることが多いので注意が必要です。